ボストン 不動産エージェント イメージ画像

更新情報

子供を持った人は「子供が生まれてからのほうが幸せ」と言いたがります。しかし最新の調査では、アメリカに限らず、多くの国で、子供を持たない夫婦のほうが子供を持った夫婦より幸せだという結果が報告されました。確かに、子供を持つことで人生の目的や意味を確認することもあるかもしれませんが、だからと言って幸せとは限らないのです。
『日本なら炎上必須。大手新聞が「子供がいないほうが幸せ」と言える国、アメリカ。』の画像

倒れてきた隣の家の木に自宅を壊されたら、隣に賠償責任を追及できるでしょうか。2018年、マサチューセッツ 州クインシーに住むMary Shielさんの自宅に、強風で倒れた木が直撃しました。その木はお隣に住むJohn Rowellさんの敷地内に生えていたため、MaryさんはJohnさんを私的不法妨害と不法侵入で訴えました。
『隣家の木が倒れて自宅が破損したとき、修理代をお隣に請求できるか?』の画像

私がレジスタード・ナースとして働き始めた途端、夫が突如仕事を辞めてヒモになりました。現在夫と息子と3人で住んでいる家は、私の単独名義で住宅ローンも私のお給料から返済しています。また、家族旅行をするときの義母と義姉の交通費や宿泊代、年に数回の夫の親族の集まりも、すべて私が負担しています。
『「アメリカ永住権取得のスポンサーになってやった」と恩着せがましいヒモ夫。離婚したほうがいい?』の画像

東京のアメリカ大使館でフィアンセビザの面接を済ませた後、郵送されてきた書類にはビザと一緒にドメスティック・バイオレンスに関するパンフレットが同封されていました。また、フィアンセビザでアメリカに入国したときも、入国審査官から同じパンフレットを渡されました。これだけ何度も注意喚起がなされるのは、国際結婚で渡米し、自分の家族や親戚と離れて暮らしている女性にDV被害者が多いからだと考えて間違いないでしょう。
『日本語で対応してくれる、ドメスティック・バイオレンス(DV)の相談窓口』の画像

↑このページのトップヘ